Portfolio/Space Design


店舗デザイン会社 

 

APITA安城南店 「三丁目」(愛知県)


もんじゃ焼き「おしお」の社外コンペ案(東京)


大学院生

 

2次元の絵画の世界から3次元の世界を勉強したいと思い、空間をデザインする学科へと編入しました。

 


“境界線”という出会いの場- 

金沢の中心市街地は、高層ビル街や伝統的な町並みなどが断片的に存在します。

その断片化された場所の一つを、建築でつなぎ、にぎわいを創り出すという提案です。

境界といえるその場所を、"境界線”をモチーフに明確にデザインすることで

 逆に、出会いの象徴的空間をつくりだします。


 Time Drops  -時間と人が交わる場所- 

 

金沢に21世紀美術館が完成し、街の流れが大きく変わり始めました。

裏通りだった場所が表通りになりそうな予感から、

 「柿木畠(地名)」を、昔ながらの流れと新しい流れが交わる場所と位置づけ、飲食店の提案をしました。



 日常と非日常を体感できる花屋

 


 杉樽をイメージした量り売り調味料店

 


 Waterside Community

  

金沢の街中には「用水」という水路があちこちに流れています。

中心市街地からわずかに離れ、人通りの少ない「用水」沿いの町に新たに憩いの場を作る、という提案です。


 その他